BOMMIE 名前の由来

海況情報 Blog

忘れ物ブログ

レギュレーターのオーバーホール受付中

年に1度はメンテナンス。潜り終わった後にお預かりOKです。
料金はお気軽にお問い合わせくださいね。

BOMMIE 名前の由来

BOMMIE[ボミー]とは、オーストラリアのグレートバリアリーフでダイバーや釣り人たちが使っている用語です。
水中のサンゴが隆起して出来た出っ張りで、とがっているものを「ピナクル」と呼び、それ以外を「ボミー」と呼んでいます。
日本では、「根」というふうに呼ばれているものです。
ダイビングや、釣りは、何もない真っ平らな場所では、あまり行われません。
普通は、根がある場所で行います。
理由は、根がある場所には魚が多く集まるからです。
根に集まる魚のように、多くのダイバーがここ千葉の海に集い、楽しんでいただけたらと思い[BOMMIE]と名付けました。

冬季限定水中バードウォッチング

サメMAX!